変わろうとするときに揺り戻しが来たら

揺り戻しとは、望む未来に向けて「変わろうとするとき」に、

変わらせないように「引き戻そうとする力」が働き、

必ず足を引っ張ろうとする人が現れ、前に進めないような現象が起こります。

これを「揺り戻し」と言います。

 

足を引っ張る人は、もっとも身近な人が多く、家族や恋人、友人などです。

スピリチュアルの世界ではよく言われる言葉で「好転反応」とも言いますが、

心理療法の分野でも揺り戻しが起こります。

 

なぜ、揺り戻し現象が起こるのか!?

それは潜在意識です。

潜在意識は無意識の領域で変わることを嫌がります。

今までとは違ったことをすると「そんなの知らないよ、危険だよ」と変わらせないようにするのです。

 

潜在意識は今までの生活をすることが安全だと思い、現状維持をしようとします。

なかなか居心地のいい場所からは抜け出せないのです。

 

あなたへの「お試し」がやってくる!

人が変わろうとするときには、必ず足を引っ張ろうとする人が現れ、前に進めないような現象が起こります。

これは、もっとも身近な人が多く、家族や恋人、友人などがら足を引っ張られます。

 

変わろうとすると、今まで親しかった人たちからすると、あなたがキラキラ輝いて見えるので

自分たちとは違うように思えて、以前のあなたに戻そうとします。

 

そして、批判や嫉妬などもされやすくなり、不安などネガティブな感情も一時的に出てきます。

辛いですよね。

 

この時「それでも変わりたいですか?」とあなたは試されています。

 

人が成長するとき、目の前に試される出来事が起きるようになっています。

「人生乗り越えられない壁は現れない!」

 

それを乗り越えた先に、本来の自分があり、人生のステージが上がるのです。

この壁から学び得るものが何なのかが見えたとき、成長(覚醒)へとなっていきます。

 

~揺り戻しの対策~

揺り戻しで辛いときの対処法は、とにかくリラックスして、

「あ~、これが揺り戻しね~」ぐらいでいることが大切です♡